fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 我が家のお稲荷さま。(柴村仁) » 【我が家のお稲荷さま。〈6〉】ツッコミ不在?


【我が家のお稲荷さま。〈6〉】ツッコミ不在?

我が家のお稲荷さま。〈6〉(柴村仁)

 本巻の何よりの不満は、佐倉がほとんど出てこれないこと。次は、昇ストーリーになりそうな気配なので、ぜひ登場してほしいなあ。



書評


評価:☆☆☆☆☆

 久しぶりの新刊でワクワクしながら読み始めました。既刊に対するボクの印象では、透が穏やか~に事件の発端を引っ張り込んできて、それを昇がオタオタしながらも捌くという感じだったんだけれど、今回は違うようだ。透が終始ストーリーの中心にいて、昇はサイドを固めるか、次巻へのネタフリにとどまっている。
 透は天然系のキャラなので、どんな事態が起こってもそれを迷いなく受け入れてしまう。昇のようにいちいちツッコミを入れないので物語は緩やかに進行し、若干メリハリがないようにも感じてしまった。一番強烈に焼きついてしまったイメージは、おいしいケーキが食べたい!それに尽きる。
 本巻の何よりの不満は、佐倉がほとんど出てこれないこと。次は、昇ストーリーになりそうな気配なので、ぜひ登場してほしいなあ。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1061-9d810863

src=