fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » ドラゴンライズ(水市恵) » 【ドラゴンライズ (2) 反逆者と竜の嘘】決意の意味と他者の思惑


【ドラゴンライズ (2) 反逆者と竜の嘘】決意の意味と他者の思惑

ドラゴンライズ (2) 反逆者と竜の嘘(水市恵)

 結界術師の卵であるカーネス・アルコットを護衛する任務を王宮警備隊から引き継いだコーグスの剣士ノラ・グライドと魔道師アイ・グライドは、双剣士フレイクや氷剣竜ゴーヴェドル、カーネスの対竜結界の助力を得て、両親の仇である劫火竜ウォーフィアの右目に手傷を負わせ、退けることに成功した。



書評


評価:☆☆☆☆

 結界術師の卵であるカーネス・アルコットを護衛する任務を王宮警備隊から引き継いだコーグスの剣士ノラ・グライドと魔道師アイ・グライドは、双剣士フレイクや氷剣竜ゴーヴェドル、カーネスの対竜結界の助力を得て、両親の仇である劫火竜ウォーフィアの右目に手傷を負わせ、退けることに成功した。
 しかし、カーネスを王宮に届けるまでは、再びウォーフィアが襲ってくることは覚悟しなければならない。馬車で王都に向かう途上で、シェリー・モットレイという凄腕の魔道師と知り合い、ウォーフィアの目を欺くため、ノラ&カーネス&ウォーフィア組とアイ&フレイク組に分かれて街道を進むことにするのだが、ウォーフィアも自分の傷を補うために、陰風竜シェルグーヴの協力を得ていたのだ。

 向かう途上に先回りされ、劫火の下に焼き払われる街々。その惨状が自分のせいで引き起こされること知り衝撃を受けるカーネスは、早く結界術師として一人前になって、竜を追い払えるようになりたいと願う。だがそれは…。

 展開は王道的なので、1巻と同様に驚きはないのだが、人間を障害物としか考えない大部分の竜と、人間大好きな竜という対立軸を設定し、かつ、その竜に好意を寄せる人間という構造を付与することで、単純な竜と人間の対立ではなく、様々な立場を乗せることに成功している。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1227-6b0bad80

src=