ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » さくら荘のペットな彼女(鴨志田一) » 【さくら荘のペットな彼女 (7)】思いの丈を詰め込んで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【さくら荘のペットな彼女 (7)】思いの丈を詰め込んで

さくら荘のペットな彼女 (7)(鴨志田一)

 三鷹仁と上井草美咲は卒業し、美咲は三鷹夫人となって春がやってきた。神田空太、青山七海、椎名ましろ、赤坂龍之介たちさくら荘の住人も無事に三年生へと進級した。しかも、空太と七海、龍之介は同じクラスだ。どうやら問題児はまとめてコントロールしようという学園の方針らしい。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 三鷹仁と上井草美咲は卒業し、美咲は三鷹夫人となって春がやってきた。神田空太、青山七海、椎名ましろ、赤坂龍之介たちさくら荘の住人も無事に三年生へと進級した。しかも、空太と七海、龍之介は同じクラスだ。どうやら問題児はまとめてコントロールしようという学園の方針らしい。
 いつもと変わらないメンツではあるけれど、彼らの関係も変化の時期を迎えようとしていた。七海は実家の両親を説得し、声優の夢を諦めない決意を固めたし、空太も自分のやりたいことがはっきりしてきた。ましろも、これまで気づかなかったことに気づく成長を見せている。

 そんなとき、監督教師の千石千尋がさくら荘に連れてきたのは、女子風呂をのぞきに行ったという新入生の姫宮伊織だった。彼ははうはうこと姫宮沙織の弟で、音楽科の生徒であるにも拘わらず、普通科に編入してラブコメをしたいとか宣う問題児らしい。
 一方、本当は水明芸術大学付属高校に合格していた神田優子のクラスメイトである長谷栞奈と廊下でぶつかった空太は、とある落とし物を拾ってしまう。それは、大人っぽい黒のパンツの形をしていた…。

 さくら荘にやってくる新たなメンバーが抱えている問題、いつものように龍之介にあしらわれるリタ・エインズワース、空太とましろの関係の変化を感じ取る深谷志穂たちましろのクラスメイト。七海は決意を込めて空太を演技の練習に誘い、ましろは空太をモデルに絵を描き始める。その至る場所で、空太は何らかの結論を出すことを求められるのだろう。
 あと一冊くらいで完結しそうな流れではあるが、アニメ化が決まったこともあり、引き延ばし戦術で次は短編集になるのではないだろうか?

 ましろが空太に完成した絵を見せるシーンはちょっといい。七海のそれまでの頑張りも、少し霞んじゃうな。そう思うと、人生とはなんて不公平なのだろう。
 ましろと七海、自分が本気になるものにのせて、思いの丈を空太にぶつけます。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1339-3cd793c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=