ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ラブコメ » 【俺は彼女の犬になる! (3)】さよならはさせない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【俺は彼女の犬になる! (3)】さよならはさせない

俺は彼女の犬になる! (3)(淺沼広太)

 大淫魔リリスと人間のハーフである生徒会長の姫宮瑠璃に一目ぼれした富士岡藤紫郎は、彼女の領地に侵入してくる悪魔の力をそぐべく、契約者となった少女たちを犬に変身してペロペロしてきた。その結果、小野寺胡桃、大柳静流、黒川真森ら、類友と言うべき人種と知り合いになり、姫宮瑠璃との粘膜的な接触はNGながら、それなりに楽しい日常を手に入れていた。




書評


評価:☆☆

 大淫魔リリスと人間のハーフである生徒会長の姫宮瑠璃に一目ぼれした富士岡藤紫郎は、彼女の領地に侵入してくる悪魔の力をそぐべく、契約者となった少女たちを犬に変身してペロペロしてきた。その結果、小野寺胡桃、大柳静流、黒川真森ら、類友と言うべき人種と知り合いになり、姫宮瑠璃との粘膜的な接触はNGながら、それなりに楽しい日常を手に入れていた。
 しかしある日、瑠璃の前にリリスが現れ、いなくなった父親が見つかったため、悪魔界で一緒に暮らそうと誘ってくる。出来るならばこのまま人間として生きたい瑠璃ではあるが、生活費など現実的なことを思えば、親に従わざるを得ない。

 藤紫郎との最後のデートを楽しみ、瑠璃は悪魔界へと去っていくのだが、それで諦める藤紫郎ではなかったのだ。
 シリーズ最終巻。あんまりパッとしないな、という印象。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1376-fc2c8822

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=