ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 未来×ファンタジー » 【飛べない蝶と空の鯱 たゆたう島の郵便箱】空の底に秘密がある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【飛べない蝶と空の鯱 たゆたう島の郵便箱】空の底に秘密がある

飛べない蝶と空の鯱 たゆたう島の郵便箱(手島史詞)

 蒼海と雲海の境目に浮かぶ島で人々は暮らしている。雲海には霧妖と呼ばれる怪物が暮らしているため、その下に何があるのかを知る人間はいない。ウィリアム・スターリングは幼い頃、翠色の髪をした少女と出会い、いつか武装郵便屋《渡り鳥》となって、雲海の底を見るという約束をした。そしてその直後、その少女の乗った大型飛行船は、雲海の底に墜落してしまう。




書評


評価:☆☆☆

 蒼海と雲海の境目に浮かぶ島で人々は暮らしている。雲海には霧妖と呼ばれる怪物が暮らしているため、その下に何があるのかを知る人間はいない。ウィリアム・スターリングは幼い頃、翠色の髪をした少女と出会い、いつか武装郵便屋《渡り鳥》となって、雲海の底を見るという約束をした。そしてその直後、その少女の乗った大型飛行船は、雲海の底に墜落してしまう。
 それから何年かが経ち、武装郵便屋「蝶と鯱」を開業したウィルは、一度墜落してから一人では飛べなくなった少女ジェシカ・シルバーベルを後席に乗せ、翼舟で《封書》を届ける仕事を始めていた。《封書》とは人々の想いを封印した手紙であり、それを届ける《渡り鳥》のみが、島から島へと飛ぶことが出来る。そう、いまでもウィルは、翠髪の少女との約束を忘れてはいないのだ。

 そんなある日、霧鍵士《夜姫》ヒルデガルド・フォン・ヴィンケンから、《封書》をランディス・ベルナールに届けてほしいという依頼を受ける。彼女絡みの依頼はもれなくトラブルがついて回るので避けたいのだが、経営的に依頼を断ることが出来ない。
 そして悪い予感は当たり、依頼を受けた直後から謎の集団に襲撃されるようになり、警官を名乗るジャン・ポールマンにも付きまとわれることになってしまう。

 手紙を届ける職業の部分は「テガミバチ」に、島の外に世界の秘密があるところは「氷結鏡界のエデン」に似ている。興味としては、ジェシカがいつデレるかということと、ウィルが欲望に負けていつ手を出すかということくらいか。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1414-2a9ca7e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=