ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » 東雲侑子(森橋ビンゴ) » 【東雲侑子は全ての小説をあいしつづける】愛と進路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【東雲侑子は全ての小説をあいしつづける】愛と進路

東雲侑子は全ての小説をあいしつづける(森橋ビンゴ)

 東雲侑子と本当の恋人になり、三年生になった三並英太は進路のことで悩みを抱えていた。彼女は大学に進学することを決めており、かつ、作家の西園幽子でもあるという特別な存在。翻って自分は、兄の三並景介に劣等感を抱き、その彼女の有美に恋をしてグダグダしていただけの、何もない高校生に過ぎない。どうすればずっと彼女の側にいることが出来るのか、その問いが頭の中で燻っている。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 東雲侑子と本当の恋人になり、三年生になった三並英太は進路のことで悩みを抱えていた。彼女は大学に進学することを決めており、かつ、作家の西園幽子でもあるという特別な存在。翻って自分は、兄の三並景介に劣等感を抱き、その彼女の有美に恋をしてグダグダしていただけの、何もない高校生に過ぎない。どうすればずっと彼女の側にいることが出来るのか、その問いが頭の中で燻っている。
 彼女との仲は順調だ。合間合間に二人で出掛けては楽しく過ごしている。出会ったばかりの頃の東雲侑子を思えば、今の三並英太との関係は、どこにでもいる彼氏彼女と言って差し支えないだろう。そんな彼女に振り回されるひとつひとつに、幸せを感じて仕方がない。

 だからこそ、ずっと一緒にいるだけでは、彼女のためにならない気がする。平凡な男では、いつ捨てられてもおかしくない。そんな悩みを抱える三並英太には、様々な恋愛相談が持ちかけられるようになった。
 教育実習生の桐山に告白されたという喜多川絵夢。後輩に恋に落ちたという副島ユカ。パン屋の店主にほのかな想いを寄せる司書の椎名。有賀と上田という二人の男との関係に悩む遠藤律子。そんな他人の恋愛事情は、三並英太にも、そして東雲侑子にも、確実に影響を与えていた。

 その果てに、三並英太はひとつの決断を下す。それが自分の、何より彼女のためになるという核心を持って下す決断。それは、幸せの中にある高校生二人に、どんな未来をもたらすのか。

 特にライトノベルという型にこだわらなくとも、高校生の恋愛ものとして面白ければそれで良いと思う。シリーズ最終巻。ちょっと有川浩っぽい。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1429-6a49fc81

まとめtyaiました【【東雲侑子は全ての小説をあいしつづける】愛と進路】

東雲侑子は全ての小説をあいしつづける(森橋ビンゴ) 東雲侑子と本当の恋人になり、三年生になった三並英太は進路のことで悩みを抱えていた。彼女は大学に進学することを決めており、かつ、作家の西園幽子でもあるという特別な存在。翻って自分は、兄の三並景介に劣等感...

2012-06-02 22:46 │ from まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=