ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » はたらく魔王さま!(和ケ原聡司) » 【はたらく魔王さま! (5)】強大な力の余波は

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【はたらく魔王さま! (5)】強大な力の余波は

はたらく魔王さま! (5)(和ヶ原聡司)

 聖十字大陸エンテ・イスラを脱出した魔王サタン・ジャコブと悪魔大元帥アルシエルは真奥貞夫と芦屋四郎となり、魔王を追ってやって来た勇者エミリア・ユスティーナが遊佐恵美としてコールセンター働くのと同様、マグロナルド幡ヶ谷駅前店で日銭を稼いでいた。




書評


評価:☆☆☆☆

 聖十字大陸エンテ・イスラを脱出した魔王サタン・ジャコブと悪魔大元帥アルシエルは真奥貞夫と芦屋四郎となり、魔王を追ってやって来た勇者エミリア・ユスティーナが遊佐恵美としてコールセンター働くのと同様、マグロナルド幡ヶ谷駅前店で日銭を稼いでいた。
 しかし、木崎真弓が店長を務める同店の改装、そして魔王城ヴィラ・ローザ笹塚201号室の修理を受けて出稼ぎに行った君ヶ浜の海の家「大黒屋」と雇い主の大黒天祢が一夜にして消えた結果、彼らの家計に誤算が生じてしまった。

 それでも、悪魔大尚書カミーオから伝え聞いたエンテ・イスラの政変の地球への悪影響を知り、アラス・ラムスの今後の情操教育の必要性も考慮して、魔王さまは魔王城への地デジの導入を決定した。
 原則、無駄遣いに反対するアルシエルは、渋々、遊佐恵美の友人である鈴木梨香に買い物のサポートを頼み、芦屋四郎への好意を自覚しはじめた鈴木梨香は、遊佐恵美に恋愛相談をする。そしてそのことを苦々しく思う遊佐恵美は、バイトの清水真季を怯えさせるほどの怒気を発するのだった。

 一方、魔王さまに恋心を抱く女子高生の佐々木千穂は、またしても天界の天使ラグエルの任務による余波で、大変な目にあっていた。大天使ガブリエルの件で天界に不信を抱き始めた鎌月鈴乃こと訂教審議官クレスティア・ベルや、漆原半蔵こと堕天使ルシフェルの積極的な働きもあり、その事件の真相は明らかになりはじめるのだが…。
 エミリアの母である天使ライラと、父であるノルド・ユスティーナの、天界における破滅的重要性が明らかになり、それと魔王の関わりも示される。

 今回は、飛び抜けて活躍した異世界の人たちはいない。かと言って誰も活躍しないわけではなく、地球人たちが積極的な活動を開始するのだ。バトル方面だけではなく、人間活動としてもね。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1444-d580315b

まとめtyaiました【【はたらく魔王さま! (5)】強大な力の余波は】

はたらく魔王さま! (5)(和ヶ原聡司) 聖十字大陸エンテ・イスラを脱出した魔王サタン・ジャコブと悪魔大元帥アルシエルは真奥貞夫と芦屋四郎となり、魔王を追ってやって来た勇者エミリア・ユスティーナが遊佐恵美としてコールセンター働くのと同様、マグロナルド幡ヶ谷?...

2012-06-10 14:01 │ from まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=