ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ヘヴィーオブジェクト(鎌池和馬) » 【ヘヴィーオブジェクト 第三世代への道】騎士の役を任じしは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【ヘヴィーオブジェクト 第三世代への道】騎士の役を任じしは

ヘヴィーオブジェクト 第三世代への道(鎌池和馬)

 世界中のあらゆるところで、クリーンな戦争を支配する最強兵器オブジェクトを生身でブチ壊したり、予想もしない陰謀に突き当たって色々とグチャグチャにしてきた結果、ついに軍の上層部は、ヘイヴィア・ウィンチェルとクウェンサー・バーボタージュを、窓際部署に左遷することを決めた。




書評


評価:☆☆☆☆

 世界中のあらゆるところで、クリーンな戦争を支配する最強兵器オブジェクトを生身でブチ壊したり、予想もしない陰謀に突き当たって色々とグチャグチャにしてきた結果、ついに軍の上層部は、ヘイヴィア・ウィンチェルとクウェンサー・バーボタージュを、窓際部署に左遷することを決めた。
 そうして送り込まれたのは、クレア・ホイストを筆頭とする、変わり者のオブジェクト設計者たちを隔離する南の島だ。窓際部署らしく意味のない仕事をさせられ、クレアを護衛するユニコーン部隊から小突きまわされ、それでいて安全で快適な環境を与えられるという状況に、多くの鼻つまみ兵士は腐っていくという。

 そしてそんな戦場の楽園ですら問題を起こしたヘイヴィアとクゥエンサーは、今度はドックタグもつけられない非合法な作戦のため、北極方面へと駆りだされてしまう。そしてそこにも、ユニコーン部隊と、彼らが関わっているらしい不正の影があったのだ。
 やがて二人は、正統王国ニコラシカ王家の継承問題に巻き込まれていくことになる。

 今回は実は主役以外の人が、お姫様を影ながら見守る騎士の役を割り当てられていて、さしものヘイヴィアとクウェンサーも、ちょっとふてくされ気味。
 まあでも、第三世代のオブジェクトと当たる見せ場も与えられているし、最強兵器の隙がそれを運用する人間にあるというテーマも継続中なので、次のオイシイ目を見る機会に期待して欲しいところ。でも実は、影で色々と良い目を見てるかもしれない。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1447-95492bc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=