ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ラブコメ » 【期間限定いもうと。(2)】妹離れをするために

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【期間限定いもうと。(2)】妹離れをするために

期間限定いもうと。(2)(長岡マキ子)

 三堂想太は実家の工場の命運を握るノース・アイの経営者である北嶌政子の令孫の北嶌沙綾と知り合い、彼女が婚約者の輝龍院瑛慧と結婚するまでの一年間、彼女が人間らしさを手に入れられるよう、妹として引き取り、一緒に暮らすことになった。想太は沙綾に女の子としての魅力を感じ始めるのだが、手を出せば実家との取引は停止され倒産してしまうため、手を出すことは出来ない。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 三堂想太は実家の工場の命運を握るノース・アイの経営者である北嶌政子の令孫の北嶌沙綾と知り合い、彼女が婚約者の輝龍院瑛慧と結婚するまでの一年間、彼女が人間らしさを手に入れられるよう、妹として引き取り、一緒に暮らすことになった。想太は沙綾に女の子としての魅力を感じ始めるのだが、手を出せば実家との取引は停止され倒産してしまうため、手を出すことは出来ない。
 彼らの通う麓風学園には、沙綾の家庭教師で元華族の城宮茜子が教育実習生としてやってきて、クラスメイトの男子たちに過剰なお色気を振りまいていく。そんなドジっ娘であるにもかかわらず、想太の書くラノベ原稿に対する茜子のコメントは、適切で容赦が無い。

 ある日、つき合っているフリをしてもらっている幼馴染の伊遠未実から、リアリティを持たすためにデートをしたいと誘われて出かけた先で、想太は実妹の三堂綺理が猫耳メイド姿で働いているのを目撃してしまう。彼女がバイトしているのは、男の娘のクラスメイト庵観羅夏姫も在籍しているメイド喫茶「すとろべりぃ★どり~みん」だった。
 そして後日、沙綾を連れて想太が綺理の様子を見に行くと、店のナンバーワンメイドの由里橋苺夢に、沙綾がスカウトされてしまう。

 自分は本当は誰が好きなのか。小説指導の形で城宮茜子からそんな問いを突きつけられた三堂想太は、妹たちの成長していく様を観察し、幼馴染の想いにも注意するようになることで、自分が選ぶべき道を徐々に整備し始める。その道は、フィクション的な意外性は無いけれど、現実を見つめた堅実な選択なのだろう。
 一年後の結末を見据えた上で、それまでの間に妹たちに何をすることが出来るのか。兄としての奮闘と、男の子としての意地を見届けたい。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1519-952fe8ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=