fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 喰-kuu-(内田俊) » 【喰-kuu-】大食いに本気で打ち込む小さな少女


【喰-kuu-】大食いに本気で打ち込む小さな少女

喰-kuu-(内田俊)

 アサウラ「ベン・トー」の影響を感じる、大食い小柄少女と、ドロップアップ少年の再起青春物語。大食いの世界が熱く描かれます。



書評


評価:☆☆☆☆

 高校入学前の春休み。叔父のラーメン店でバイト中の戌井八千代は、中二の時の同級生、井ノ原みのりに再会する。見た目は美人だが性格が壊れている仙石舞と来店した小柄なその少女は、ラフレシアと呼ばれる8人前の巨大ラーメンを注文し、吸い込む様に食いきってしまう。
 みのりの食べる姿に本気さを感じた八千代は、心を突き動かされるものがあって、彼女に告白してしまうのだが、付き合う条件として出されたのが、街の代表的な大食いメニュー、30人前の巨大ラーメン食神を完食する事だった。

 最初の挑戦に失敗したハチだったが、ようやく見つけた本気になれそうなことを諦められず、大食いに本気で取り組むために、高校の暴食部という部活に入部することにする。そこにいたのは、クアッドコアという二つ名を持つ部長・牛米満や、フリージア・仙石舞、そしてかつてはブラックホールと称された井ノ原みのりだった。

 中学時代は野球に打ち込んできたものの、肘の故障でそれを諦めざるを得なくなったハチ。そんな彼を見ていられない幼なじみの町田真白は、何とかもう一度本気になってもらいたいと思っている。
 そんなときに見つけた大食いという種目は、誰もが納得してくれる打ち込めるものというわけではない。しかし、それに一生懸命挑む人たちを見て、ハチは誇りを持って大食いに取り組めるようになる。

 テレビの大食い番組を見ても、何故か小柄な女の人が大食いだったりすることも多いわけで、見た目とは全く違う凄まじき食いっぷりには敬意を表さざるを得ない。
 そんな大食いを扱ったこの作品。明らかにアサウラ「ベン・トー」の影響を受けた部分があると思うが、題材的にはマイナーっぽいにも拘らず熱くなれそうな所が良い。ただ、今のところ、熱量というか密度的な点で、そこまで大食いに入れ込んでいる様でもない印象を受ける文章なので、今後は是非とも本気で大食いの世界の魅力を伝える作品にしていって欲しいと思う。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/152-e760d2a8

src=