ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 異世界×ファンタジー » 【空に欠けた旋律(メロディ)】喪失が生んだ偏執

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【空に欠けた旋律(メロディ)】喪失が生んだ偏執

空に欠けた旋律(メロディ)(葉月双)

 サムリエとの戦争でアギスの生まれた街を滅ぼされたレスティ・ヴァーナは、妹リディアを殺された幼馴染のエレナ・ランズベリーと共に、人間の心のエネルギィを喰らって戦う人型兵器メロディのパイロットとして任官することとなった。彼女たちが配属される基地には、レスティたちを護った魔女クッキィ・ハーツと彼女の搭乗機ギザギザハートがある、最後の希望だ。




書評


評価:☆☆☆

 サムリエとの戦争でアギスの生まれた街を滅ぼされたレスティ・ヴァーナは、妹リディアを殺された幼馴染のエレナ・ランズベリーと共に、人間の心のエネルギィを喰らって戦う人型兵器メロディのパイロットとして任官することとなった。彼女たちが配属される基地には、レスティたちを護った魔女クッキィ・ハーツと彼女の搭乗機ギザギザハートがある、最後の希望だ。
 レスティたちを待ち受けていたのは、ブラッド・ホークス大尉とクッキィだけしか所属していない、ボロボロのメロディ部隊だった。

 敵機シルバーフィズのパイロットであるソフィ・ブレインに撃墜されたクッキィを助けるために敵前逃亡をしたレスティは、クッキィが戦闘のためだけに生み出された人造人間であり、サムリエとアギスの戦争は、人間だった頃のクッキィが引き起こしたものだと知らされる。
 それでもクッキィを受け入れる覚悟を決めているレスティは、彼女に告白し、彼女よりも先に死なないことを条件に、つき合うこととなった。だが始まったばかりの蜜月は、フラン・ショウテイラー大佐の登場により、あっけなく壊される。

 イラスト見たとき、あれ、主人公はどこかな?と思った。ああ、そういう方向にするのねという感じ。まあそれはそれで構わないのだが、展開まで真っ暗にする必要はなかろうに…。少なくとも今巻では救いどころか絶望しか見られなかった気がする。本当にこれ、新人賞応募作だったのかな?とても完結した形にしてあったとは思えない。
 第四回GA文庫大賞奨励賞受賞作品。それでも、ここからそれなりの落としどころに持ち込めれば、戦争の悲惨さとそれが生み出す無意味な犠牲、そして絶望からひねり出される平和という希望に向けた道筋を描けるはずで、そこに期待したいところだ。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1559-62456861

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=