ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » だから僕は、Hができない。(橘ぱん) » 【だから僕は、Hができない。 (9) 死神と思い出】無理矢理な短編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【だから僕は、Hができない。 (9) 死神と思い出】無理矢理な短編集

だから僕は、Hができない。 (9) 死神と思い出(橘ぱん)

 メルロー人生保障幹部連帯直属特務室極東支部主任の福宗イリアとパオイ・マルベックの報告書作成の体で繰り広げられる、これまでのエピソードを取り上げる短編集。これまでのエピソードなのに、ただの妄想エピソードもあるという奔放な。




書評


評価:☆☆☆

 メルロー人生保障幹部連帯直属特務室極東支部主任の福宗イリアとパオイ・マルベックの報告書作成の体で繰り広げられる、これまでのエピソードを取り上げる短編集。これまでのエピソードなのに、ただの妄想エピソードもあるという奔放な。

「死神と錠剤」
 キュール・ゼリアが特異者探しのために、霊力の強いものが見える様になる錠剤というのを加賀良介に渡してきた。しかしそれは、霊力が通っていないものが見えなくなるという錠剤。つまり、女の子(男もだけど)たちがすっぽんぽんに見えてしまう薬だった。
 エロいながらも紳士を標榜する良介はそれを封印しようとするのだが、玉野先輩に知られてしまい…。

「死神とクリスマス」
 イリアの妄想編。クリスマスイベントで女の子たちにどんな格好をさせるのがエロいかというのを、玉野、大平、加賀というマンコカパック・パーティ幹部たちがおこたで妄想するというお話。

「死神とバレンタインデー」
 マルベックの妄想編。リサラ・レストールが良介に、どういうシチュエーションでチョコレートをもらいたいかと尋ね、良介が女の子ごとにシチュエーションを妄想するというお話。

「死神と初コミック」
 望みの恋愛シーンが掲載されたコミックに男女の名前を書くと成就するというお呪いと聞いたばかりのリサラに、良介が名前を書いて欲しいとコミックを渡してくる。それを見た大倉美菜はショックを受けるのだが、そのコミックというのは…。

「死神と夜桜」
 みんなでお花見をしようと言うことになり、良介が寝ずの番で場所取りをすることになった。抜け駆けでリサラが夜食を届けに行くのだが、中々渡せないで居る内に、後からキュールや美菜がやってきて、益々出づらくなっていく。

「美菜と青い傘」
 美菜が愛用している子供用の青い傘が車に踏まれて壊れてしまった。それは、美菜が大切にしている、良介との関係を形作る思い出の品の一つだ。失って恐怖に震える美菜に対し、良介は彼女に過去の記憶を思い出される。未だつながりは失われていないのだ、と。

「死神とブラジャー」
 イリアとリサラの出会いの物語。死神学校に入学したばかりの二人はルームメイトになった。半年ほどは周囲も羨むどころかレズでないかと誤解されるほどの仲の良さだったのだが、その関係はある出来事をきっかけに崩壊していく。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1637-ee29f3da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=