ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » 小市民(米澤穂信) » 【春期限定いちごタルト事件】思しきこと言わぬは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【春期限定いちごタルト事件】思しきこと言わぬは

春期限定いちごタルト事件(米澤穂信)

 船戸高校に入学した小鳩常悟朗は、同じく小佐内ゆきとある約束を交わしている。それは中学時代までの自分から生まれ変わり、小市民を目指すということ。小市民とは起きることを理不尽も含めて受け入れ、受け流してひっそりと生きる人のことだ。




書評


評価:☆☆☆☆

 船戸高校に入学した小鳩常悟朗は、同じく小佐内ゆきとある約束を交わしている。それは中学時代までの自分から生まれ変わり、小市民を目指すということ。小市民とは起きることを理不尽も含めて受け入れ、受け流してひっそりと生きる人のことだ。
 だがそんな決意は、ほとんど有名無実のものとなってしまう。小学校時代の友人である堂島健吾と再会した小鳩は、彼から様々な謎を持ちかけられることになるのだ。

「羊の着ぐるみ」
 校内で女子生徒のポシェットがなくなった。健吾に呼び出された小鳩は、クレープを食べに行く約束をした小佐内を30分だけ待たせ、ポシェットを探す手伝いをすることになる。
 結局、30分以内には見つからなかったものの、小佐内に再会した小鳩は彼女に一つの質問をするのだった。

「For your eyes only」
 健吾に呼び出された小鳩は、美術部に残されたいたずら描きのような絵を見せられ、その含意を明らかにするように頼まれる。「三つの君に、六つの謎を」と名付けられたその二枚の絵を見た小鳩は、小佐内を隠れ蓑に含意を明らかにすることになる。
 春期限定いちごタルトを積んだ小佐内の自転車が盗まれる回。

「おいしいココアの作り方」
 イライラを腹に抱えたまま普通に振る舞う小佐内に呼び出された小鳩は、さらに堂島健吾に呼び出され、日曜日に彼の家にお邪魔することになる。
 小学校時代からの変わり様を追求する堂島健吾から逃げだしキッチンへ下りた小鳩は、健吾の姉の知里に捕まり、おいしいココアの作り方の謎を解くことになる。

「はらふくるるわざ」
 やけ食いのために小鳩を呼び出した小佐内は、試験中にあった事件について語り出す。それを聞いている最中、携帯電話を学校に忘れたことに気づいた小鳩は、小佐内をケーキバイキングの席上に残し、学校へと向かう。そこで彼がしたこととは…。

「狐狼の心」
 盗まれた小佐内の自転車が発見された。小佐内は小市民の定義を私有財産を保護することと書き換え、約束を半ば破って犯人を追い込むことにする。
 助力を断られた小鳩だったが、犯人が単なる自転車泥棒ではない可能性を気にかけ、密かに情報を集めるのだった。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1707-80e430c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=