ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » シャロン(田名部宗司) » 【シャロン (2) 死者は愛を求めない】女探偵の奮闘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【シャロン (2) 死者は愛を求めない】女探偵の奮闘

シャロン (2) 死者は愛を求めない(田名部宗司)

 19世紀末のパリで遺体修復師を営むシャロン・ベルミリオは、父親のディオスにより聖遺物の心臓を埋め込まれ、不死の肉体を持ってしまった。聖遺物が生み出す怪物が犯した罪を悔いながら、父親の情報を求めるシャロンの前に、サクレ=クール教会の隻腕司教ドミニク・セルネイの紹介状を持って、フランソワ・ヴィドックの孫の女探偵ナタリア・ヴィドックが訪れる。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 19世紀末のパリで遺体修復師を営むシャロン・ベルミリオは、父親のディオスにより聖遺物の心臓を埋め込まれ、不死の肉体を持ってしまった。聖遺物が生み出す怪物が犯した罪を悔いながら、父親の情報を求めるシャロンの前に、サクレ=クール教会の隻腕司教ドミニク・セルネイの紹介状を持って、フランソワ・ヴィドックの孫の女探偵ナタリア・ヴィドックが訪れる。
 ナタリアの依頼を何とかして断りたいシャロンだったが、彼女の執念深さに降参し、依頼を受けることになってしまった。その依頼とは、惨殺された水晶座の元看板女優エヴァ・リニエールの検視だ。本来、検視はパリ警視庁の仕事ではあるが、彼女は社交界の貴公子シメオン・ロシュトゥーやマリユス・ラフォンとの付き合いがあり、さらに、遺体の第一発見者がマリユスの執事スティード・バローだったことから、警察は真相を究明する気が無かったのだ。

 ところが検視を前に死体は消え失せてしまい、さらに、シャロンの前にディオスと腹心のラシード・ウッディーンが現れ、彼に依頼を押しつけていく。それは消えた聖遺物の一部を探すというものだった。
 発見された遺体の痕跡から、珍しい生物の牙が凶器に使われた可能性が浮かび上がり、盲目の退役軍人ミシェル・ギーバルシュ大佐や女装メイドのジル・オルメス中尉の協力を得て、真相に近づいていく。しかし…。

 アレジア通り「ル・プティ・ビストロ」の看板娘のニーナとのラブコメはちょっとだけ。今回の主役は徹頭徹尾、ナタリアという感じだ。シャロンとナタリアの関係がどうなるかは見物。物語の方向性も定まってきたようなので、次巻以降も楽しみだ。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1718-4e9c7366

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=