ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » 月花の歌姫と魔技の王(翅田大介) » 【月花の歌姫と魔技の王 II】隠れ住む少女との出会い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【月花の歌姫と魔技の王 II】隠れ住む少女との出会い

月花の歌姫と魔技の王 II(翅田大介)

 《最後の魔女》エルルーア・アゾートの最後の弟子であるライル・バルトシュタインは、辺境伯ヴィルヘルム・ゼストとの死闘の末、ルナーリア・D・ネブラブルートという名の幻想種《夜闇の血族》の生き残りの少女を秘書とすることになった。秘書として雇うからには給金を支払わねばならない。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 《最後の魔女》エルルーア・アゾートの最後の弟子であるライル・バルトシュタインは、辺境伯ヴィルヘルム・ゼストとの死闘の末、ルナーリア・D・ネブラブルートという名の幻想種《夜闇の血族》の生き残りの少女を秘書とすることになった。秘書として雇うからには給金を支払わねばならない。
 幼馴染のマリーア・ハイラインに斡旋してもらい、ツェツィーリア・グレイザーという軍人少女の先導で、イルザ・ヴァイスブルグという金銀妖瞳の少女の家庭教師をすることになる。人の寄りつかない白亜の城に住む彼女には、ある秘密があったのだ。

 一方、マリーア・ハイラインは、ベルンハルト・フォン・リュヒテル・ヴァンイルゼシュタイン第一王子殿下臨席の下、レヴェンクロン・ゼスト辺境伯の襲名披露パーティに参加していた。あのヴィルヘルム・ゼストの後継を見極めるためだ。そんな彼女に、アルベルト・フォン・ラインゲル・ヴァン・イルゼシュタイン第二王子殿下が接近し、ある依頼を持ちかけてくる。

 自分のためにライルが家庭教師を始めたと理解しつつも、その結果、研究室から追い出されてしまうということに納得できず、もやもやするルナーリアの前に、死んだと思っていた姉のヴィラージェが姿を現す。一方、ライルは、幻想種《牙の血族》アンゲリカ・ファングツァーンと知己を得ることになっていた。

 マリーアが好き好き光線を出しても、ルナーリアがツンデレしても小揺るぎともしないライルは、新たな少女たちとの出会いを果たす。そしてそれは、再びライルを、魔術師として戦わせる事態につながっていくのだった。しかも、そこには、イルゼシュタイン王国内部の権力闘争も絡んでくる。
 自覚的に気付かないふりをするライルのいけずさが、今回も冴えわたっている。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1731-39e72472

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=