ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 現代×ファンタジー » 【僕の魔剣が、うるさい件について (4)】太古の呪いの結末

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【僕の魔剣が、うるさい件について (4)】太古の呪いの結末

僕の魔剣が、うるさい件について (4)(宮澤伊織)

 魔剣《夜来たる》を持つ早瀬吏玖のベッドに、魔剣《虚数》を持つ<兵器廠>の鋳流が潜り込んできた。吏玖を自分のパートナーに誘うためだ。魔剣《象られた力》の使い手である貫肌心花の乱入でうやむやになったものの、吏玖の心にもたらした影響は大きい。




書評


評価:☆☆☆

 魔剣《夜来たる》を持つ早瀬吏玖のベッドに、魔剣《虚数》を持つ<兵器廠>の鋳流が潜り込んできた。吏玖を自分のパートナーに誘うためだ。魔剣《象られた力》の使い手である貫肌心花の乱入でうやむやになったものの、吏玖の心にもたらした影響は大きい。
 魔剣《鉄暁》の所有者だったホルスト・ゾーンタークが討たれたことで、<火神結社>内部で徒弟から職人に昇進した魔剣《清焔》の使い手である竜胆めらは、自分を裏切った魔剣《凍月》の使用者である才森加奈子や、吏玖への恨みを高めつつあった。そして魔剣《フィアサム・エンジン》の所有者だった我牙理を利用し、鷹野香織や芹沢墨緒まで巻き込み、恨みを晴らそうとする。

 シリーズ最終巻。終盤にドタバタと畳んだ感じはある。<火神結社>との戦争中に、味方同士で戦う理由はなかろう。せめて全滅させてからだったらともかく、中途半端に残したままでは、後ろから討たれる可能性もあった。
 色々と設定を仄めかしていたけれど、終わり方はあっさりと、全ての理由を祖父に押しつけ、竜頭蛇尾とも言えなくもない結末だった。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1741-341d8ca9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=