ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 異世界×ファンタジー » 【人形たちの夢 後篇】虎口を避けて狼口に飛び込む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【人形たちの夢 後篇】虎口を避けて狼口に飛び込む

人形たちの夢 後篇(水鏡希人)

 姉エオノーラの目を盗み、ルシャの首都センテル・レルブルトに住む実業家グレイク・マルティスからの依頼を受けたトゥリスの隠し名を持つ魔術師エオノーラ・エリクルスと、姉からお目付役として派遣された元新聞記者のミュンは、怪盗ルポール・セニンに翻弄されながら、アルタシアという王族らしい少女を保護することになった。




書評


評価:☆☆☆☆

 姉エオノーラの目を盗み、ルシャの首都センテル・レルブルトに住む実業家グレイク・マルティスからの依頼を受けたトゥリスの隠し名を持つ魔術師エオノーラ・エリクルスと、姉からお目付役として派遣された元新聞記者のミュンは、怪盗ルポール・セニンに翻弄されながら、アルタシアという王族らしい少女を保護することになった。
 レクセーエフ侯爵の屋敷から脱出したものの、警官隊に追われ進退窮まったエオノーラとミュンを助けたのは、豪華飛行客船ティターン号の処女航海に乗船した女優ルイーシェン・コストバールだった。彼女の紹介で大使館を訪れ、潜伏の手助けをしてもらうのだが、結果、革命テロ組織の紅の連盟に囚われの身になるのだった。

 相変わらずエオノーラの言動にはイラっと来るものを感じる。結果オーライだから良いけれど、彼女の言動はその場の情動に支配されているとしか思えない。最終的には力で解決すれば良いという、魔術師の傲慢の気がする。
 アルタシアに関しては、彼女が王族と判断された仕組みと、明らかになる彼女の素性との間に、どのような整合性が取られていたのか不思議だ。また、レクセーエフ侯爵の再登場がなく、前篇と後篇がきっちり分かれすぎの気がする。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1756-af5c3812

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=