ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » 新世界より(貴志祐介) » 【新世界より (中)】無邪気な実験動物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【新世界より (中)】無邪気な実験動物

新世界より (中)(貴志祐介)

 外来のバケネズミ土蜘蛛に封殺されていた塩屋虻コロニーを結果的に救った朝比奈覚と渡辺早季だったが、スクィーラが町に状況を報告したため、倫理委員会や教育委員会により二人が処分される可能性は高まった。生き残りを賭けて脱出したところで青沼瞬、秋月真理亜、伊東守と合流することが出来たものの、大雀蜂コロニー軍を率いる奇狼丸将軍が彼らを追跡する気配をひたひたと感じる。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 外来のバケネズミ土蜘蛛に封殺されていた塩屋虻コロニーを結果的に救った朝比奈覚と渡辺早季だったが、スクィーラが町に状況を報告したため、倫理委員会や教育委員会により二人が処分される可能性は高まった。生き残りを賭けて脱出したところで青沼瞬、秋月真理亜、伊東守と合流することが出来たものの、大雀蜂コロニー軍を率いる奇狼丸将軍が彼らを追跡する気配をひたひたと感じる。

 奇跡的に大人たちを騙しきり、日常に復帰したと思い込んでいた渡辺早季だったが、青沼瞬に変化が起き始めたことで、それは錯覚であったことを知ることとなるのだった。
 大人たちが隠していた事実。そして彼らが子供に感じている恐怖。なぜ彼女たちだったのか。多大な犠牲を払いながら、その秘密が明かされていく。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1766-76b67300

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=