ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 現代×ファンタジー » 【猫にはなれないご職業 (2)】少女の抱える闇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【猫にはなれないご職業 (2)】少女の抱える闇

猫にはなれないご職業 (2)(竹林七草)

 祖母の藤里春子が陰陽師だったことを知った藤里桜子は、陰陽師になる決意をした。春子の助手だった陰陽師の猫又であるタマは、そんな桜子に不安を感じていた。彼女には、溢れるほどの呪力はあれど、妖を見る才能がまるで感じられないのだ。そんな桜子の友人である神波命は、陰陽師の修行と称してあちこち連れ回されるのだが、見鬼の才がある命には、妖しい場所は恐ろしすぎる。




書評


評価:☆☆☆☆

 祖母の藤里春子が陰陽師だったことを知った藤里桜子は、陰陽師になる決意をした。春子の助手だった陰陽師の猫又であるタマは、そんな桜子に不安を感じていた。彼女には、溢れるほどの呪力はあれど、妖を見る才能がまるで感じられないのだ。そんな桜子の友人である神波命は、陰陽師の修行と称してあちこち連れ回されるのだが、見鬼の才がある命には、妖しい場所は恐ろしすぎる。
 そんな修行場所の一つである廃屋の押し入れの中から現れた少女の国東沫莉からのお願いで、彼女についている鬼を祓うことになった桜子は、妖しいハウツー本に従って準備をしだす。もちろん、影ではこっそりとタマがサポートしているわけだ。そしてやって来た鬼を見て、タマは沫莉が抱える闇に気づくことになる。

 こうして沫莉が藤里家を去ってから一週間後、荒津緋乃香という、憑き物落としを家業とする巫女が現れ、藤里家に協力を要請してくる。彼女は神隠しに遭遇した子供たちを助ける依頼を受けていた。

 パンツに関する描写が多い。全般的に色気のないパンツの話ではあるのだが、女子高生が粗相しちゃったり、着物がはだけちゃったり、スカートがずり落ちちゃったりする。どんだけパンツが好きなのかと。
 今回は前回よりもタマの活躍シーンが多い気がする。日常では大概ダメな猫だけど。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1773-315cdd82

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=