ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 現代×仕事 » 【女子高生店長のコンビニは楽しくない (3)】自称ロボットの過去

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【女子高生店長のコンビニは楽しくない (3)】自称ロボットの過去

女子高生店長のコンビニは楽しくない (3)(明坂つづり)

 コンビニのチョコマートにやってくるいたずらっ子のしょーたに困り果てた女子高生店長の支倉こももと、戸波りんなを名乗って女装する男子高校生の南里湊人は、なぜかしょーたをコンビニで預かることになってしまった。




書評


評価:☆☆☆

 コンビニのチョコマートにやってくるいたずらっ子のしょーたに困り果てた女子高生店長の支倉こももと、戸波りんなを名乗って女装する男子高校生の南里湊人は、なぜかしょーたをコンビニで預かることになってしまった。
 暴走するいたずらっ子ぶりに、曽我部さんだけでなく、並河早梨も預かるをのやめた方が良いと思いだすのだが、しゃべらないガッちゃんが強烈に自己主張して、しょーたの面倒をみることになる。その理由とは?

 姉の南里潤子と支倉こももが鉢合わせ事件とか、ガッちゃんの本名が八木悠雅と判明したりする第3巻。意外にこももはちょろいかもしれません。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1774-a0f68965

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=