ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 現代×ファンタジー » 【ジェスターゲーム 欲すれば望み、奪え】結局誰の物語?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【ジェスターゲーム 欲すれば望み、奪え】結局誰の物語?

ジェスターゲーム 欲すれば望み、奪え(赤井紅介)

 愚者と名乗る謎の少女から欲望の卵の刻印を施され、ジェスターゲームの獲得者となった伊龍恭太郎だったが、他人の欲望を奪ってまで叶えたい願いなど、特に何も無かった。大抵の願いは、他の方法で叶えられるからだ。




書評


評価:☆☆☆

 愚者と名乗る謎の少女から欲望の卵の刻印を施され、ジェスターゲームの獲得者となった伊龍恭太郎だったが、他人の欲望を奪ってまで叶えたい願いなど、特に何も無かった。大抵の願いは、他の方法で叶えられるからだ。
 しかし、そんな恭太郎を不意打ちしてきた獲得者の一人である袖咲舞には、何をおいても叶えたい願いがあった。テコンドーを駆使して襲ってくる舞を何とか封殺し、自分の部屋へと連れ込んだ恭太郎は、卵を奪わない代償に身体を要求していると勘違いしている舞の誤解を解き、彼女との接点を作ることになる。

 そして帰宅する舞を送るために追いかけた恭太郎は、世間を騒がす刺殺犯と目される宮前篤志の一派に襲われている舞を助けることになった。そして、彼女のあまりの危なっかしさを見かねた恭太郎は、彼女が目的を達成するためのサポートをすることになる。
 恭太郎を慕う御影錦や三好奈菜、従兄の竹村司から情報を得て、宮前篤志を追い詰める恭太郎たちだったが、そこで明らかになったのは意外な真相だった。

 う~ん、色々と説明不足過ぎじゃないですかね?これでは読者は、誰の立場で誰に感情移入して読めば良いのでしょう?何だかよく分からない状況に翻弄される主人公というのは別に良いのですけれど、「よく分からない状況」だと言うことを読者に伝える努力は必要なのではないでしょうか?
 あと、ヒロインがひたすらレイプされそうになる展開というのも、危機のタイプとしてあまりにもシンプル過ぎやしませんか?実際、戦場で頭に血が上った男が考えることなんてその程度なのかも知れませんけれど、フィクションなのだから、現実の単純さに則しすぎると、面白さの要素もなくなると思いますよ。

 最後に、真の黒幕が何か良い人みたいな感じでまとめていますが、ジェスターゲームと無関係の人に大量の犠牲を強いたことを忘れないように。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1788-30890380

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=