ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×青春 » 【スクール・デモクラシー! (3)】明かされる真意

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【スクール・デモクラシー! (3)】明かされる真意

スクール・デモクラシー! (3)(吉村夜)

 生徒たちが選挙で校則を決める制度「スクール・デモクラシー」を推進する光友学園では、久遠寺光率いる真・生徒会とサンタクルース悪魔こと来栖明率いるカオス・生徒会が、互いに組織票を握り、自分たちが望む校則を成立するために政治闘争を繰り広げている。




書評


評価:☆☆☆☆

 生徒たちが選挙で校則を決める制度「スクール・デモクラシー」を推進する光友学園では、久遠寺光率いる真・生徒会とサンタクルース悪魔こと来栖明率いるカオス・生徒会が、互いに組織票を握り、自分たちが望む校則を成立するために政治闘争を繰り広げている。
 カオス・生徒会に加入した、世界的な企業グループ、タカマガハラの令嬢であるマッハーゲ音速こと高天原奈々は、ブサイクロン非モテこと郷田竜也との仲を深めつつ、自由な校風を実現するための選挙戦を戦い抜こうと決意していた。

 そんなとき、カオス・生徒会のシンパである帰宅部員連合を率いる帰宅長の伊勢原和美から、放課後の校庭や体育館を帰宅部員に開放する議案を提出して欲しいと持ちかけられる。そしてさらには、伊勢原は真・生徒会にも裏取引を持ちかけたのだ。つまり、帰宅部員連合がキャスティングボードを握る勢力図を作り上げようというのである。
 イヴィルアイ姑こと福山京子は伊勢原の思惑に乗ることに反対するのだが、来栖の一声で、カオス・生徒会は議案提出に踏み切ることになった。ところがその選挙戦の最中、ブサイクロンは中学三年生の本郷智恵理に告白される。

 高天原奈々の前で繰り広げられるあからさまなブサイクロンに対する色仕掛けに、ニューヨークひとっぷろこと女川真でさえ、ブサイクロンに忠告するのだが、人生初告白に舞い上がるブサイクロンは、選挙戦に集中できない。そのうち、高天原奈々が愛想を尽かしてブサイクロンから離れてしまう。

 最後に明かされる来栖の思惑を語りたいという作者の意図は分かるのだが、それが上手くライトノベルの枠組みの中に収まらなかった感がある。エンターテインメント性を重視しすぎるきらいのあるラノベでは、扱うことが難しいテーマだったのかも知れない。
 はっきりとは書かれていないが、どうやらシリーズ最終巻のようだ。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1801-8ded402c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=