ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ご主人様は山猫姫(鷹見一幸) » 【ご主人様は山猫姫 (11) 南北雌雄決戦編】最終決戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【ご主人様は山猫姫 (11) 南北雌雄決戦編】最終決戦

ご主人様は山猫姫 (11) 南北雌雄決戦編(鷹見一幸)

 沢樹延銘率いる南域反乱軍が帝都目前に迫り、シムールのエオル王に触発された延喜帝国の長嶺帝は親征を決断した。平原に堀をつくり反乱軍を迎え撃つ帝国軍に合流した北域国軍と皇帝親政軍は、真正面から兵力のぶつかり合いをすることになる。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 沢樹延銘率いる南域反乱軍が帝都目前に迫り、シムールのエオル王に触発された延喜帝国の長嶺帝は親征を決断した。平原に堀をつくり反乱軍を迎え撃つ帝国軍に合流した北域国軍と皇帝親政軍は、真正面から兵力のぶつかり合いをすることになる。
 未だ北域国軍が合流したことを知らない南域反乱軍は、目前に迫った帝都を前に、既に戦後の狂乱を夢見ていた。しかしその夢は、補給を受けて堅強になった帝国軍により、覚まされることになる。

 次巻を最終巻に控えた、反乱鎮圧のクライマックスだ。個人的には戦場で日常を取り戻しても良いことはないと思うけどね。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1816-29340785

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=