fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 竜と勇者と可愛げのない私(志村一矢) » 【竜と勇者と可愛げのない私 (8)】最後に勝利するものは


【竜と勇者と可愛げのない私 (8)】最後に勝利するものは

竜と勇者と可愛げのない私 (8)(志村一矢)

 聖母竜ヴァナディースの竜騎士となったレックス・イル・ハイドフェルトは、アンジュ・セレッソやトモエと共に魔王メイ=ヘムとの会談を果たし、理解し合うことはできながらも、結局、戦うことになってしまった。その戦闘も終盤にさしかかったとき、竜王シグルドが現れ、卑劣にも魔王のメイ=ヘムに不意打ちを食らわせるのだった。




書評


評価:☆☆☆☆

 聖母竜ヴァナディースの竜騎士となったレックス・イル・ハイドフェルトは、アンジュ・セレッソやトモエと共に魔王メイ=ヘムとの会談を果たし、理解し合うことはできながらも、結局、戦うことになってしまった。その戦闘も終盤にさしかかったとき、竜王シグルドが現れ、卑劣にも魔王のメイ=ヘムに不意打ちを食らわせるのだった。
 それでも魔王の意地は竜王へと一矢報いさせ、レックスたちには最後の戦いに向けた半年間の準備期間が与えられた。その時間を利用し、レックスやアンジュは、今度こそ竜王を倒すための修行に励むことになる。

 まあ、別のことにも励むけど。そんな最終巻だ。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1819-dcec52a3

src=