ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » おれと一乃のゲーム同好会活動日誌(葉村哲) » 【おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その9 最後の一年より】逆襲の宗司

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その9 最後の一年より】逆襲の宗司

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その9 最後の一年より(葉村哲)

 《零白夜》白崎宗司のハーレム宣言により、《煉獄》森塚一乃、《道化師の栄光》沢村キリカ、《第一世界》白崎リリス、《煉獄》第一罪フェル、《煉獄》第二罪リアは白崎家に住み着いてしまった。




書評


評価:☆☆☆☆

 《零白夜》白崎宗司のハーレム宣言により、《煉獄》森塚一乃、《道化師の栄光》沢村キリカ、《第一世界》白崎リリス、《煉獄》第一罪フェル、《煉獄》第二罪リアは白崎家に住み着いてしまった。
 女性陣はパジャマパーティをして結束を深めたり、隙あらば宗司を籠絡すべく、様々なシチュエーションで誘惑してきたり、完全に気が休まる時がない。しかし、宗司も現実として状況を受け入れ始めたので、将来について真面目に考えたり、逆に女性陣を攻めてみたりして、中々にバランスが取れてきた感じだ。

 そんなわけで今回は、主に自宅内で宗司とヒロインたちのいちゃらぶっぷりが繰り広げられる。そして新たな《煉獄》の人化も…。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1844-167efc34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=