ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(裕時悠示) » 【俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (6.5)】恋愛脳の復讐

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (6.5)】恋愛脳の復讐

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (6.5)(裕時悠示)

 「俺の彼女と幼なじみが修羅場過ぎる+H」を完全収録。季堂鋭太の親友、遊井カオルの双子の妹を名乗る遊井カオリが登場する書き下ろし短編も収録している。




書評


評価:☆☆☆☆

 「俺の彼女と幼なじみが修羅場過ぎる+H」を完全収録。季堂鋭太の親友、遊井カオルの双子の妹を名乗る遊井カオリが登場する書き下ろし短編も収録している。

 自演乙の会を立ち上げたばかりの頃。季堂鋭太と夏川真涼は、不良三人組に絡まれているフィフネル女子中学の少女、美空美春と遭遇し助ける。その美春は、鋭太をお兄ちゃんと呼び、いきなり抱きついてきた。
 春咲千和や夏川真涼の苦り切った顔を尻目に、美空美春は季堂鋭太に対する猛アプローチを開始。ノーブラでびしょ濡れの体操着で迫ったり、捨て身の攻撃を繰り出す。だがその表情は、恋に落ちた少女のものではないことに真涼は気づいていた。

 本編とは全く関係なく繰り広げられた修羅場のお話だ。そして書き下ろし短編では、遊井カオルの秘密の一端が明かされる。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1940-fbac9e0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=