ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » 魔術士オーフェンはぐれ旅(秋田禎信) » 【魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣】結界の内外で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣】結界の内外で

魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣(秋田禎信)

 キエサルヒマの貴族共産会の息がかかった革命支援組織《リベレーター》により、ローグタウンはキエサルヒマ結界によって外界と隔絶されてしまった。カーロッタ・マウセンの望む、女神の再臨計画の一環だ。魔王オーフェン・フィンランディは自ら獄を脱し、戦術騎士団を率いてカーロッタ派を殲滅する覚悟を決める。









書評


評価:☆☆☆☆

 キエサルヒマの貴族共産会の息がかかった革命支援組織《リベレーター》により、ローグタウンはキエサルヒマ結界によって外界と隔絶されてしまった。カーロッタ・マウセンの望む、女神の再臨計画の一環だ。魔王オーフェン・フィンランディは自ら獄を脱し、戦術騎士団を率いてカーロッタ派を殲滅する覚悟を決める。
 帰還したマジク・リンは魔王術の代償により暫く魔術を喪失し戦力にならない。結界内に拘束されたラチェット・フィンランディや、フォルテ・パッキンガムとレティシャ・マクレディの息子のマヨール・マクレディやイシリーンには魔王術は使えない。ゆえに、内部からの結界破壊は不可能だ。だが、ラッツベイン・フィンランディ、エッジ・フィンランディが打開のための策に気づく。そんなとき、ベイジット・パッキンガムが戻ってくる。

 ドロシー、コンスタンス、ボニーのマギー三姉妹との政治闘争やらを繰り広げつつ、結界内ではジェイコブズの意味の分からない踊りが披露される。懐かしき自由な展開だ。
 ただ気にくわないのは、初回限定版から通常版の発売日が二十日も後ろにされたこと。こういう商売の仕方は本当に止めて欲しい。







関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1945-262ee63f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=