ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » 僕は友達が少ない(平坂読) » 【僕は友達が少ない ゆにばーす (2)】自分のフィールドで勝負する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【僕は友達が少ない ゆにばーす (2)】自分のフィールドで勝負する

僕は友達が少ない ゆにばーす (2)(岩波零)

 「僕は友達が少ない」のアンソロジー短編小説集。一線のラノベ作家が執筆しているのだが、前巻の方が面白かったかも。理科推しの作品が多く、星奈をディスる傾向がある。




書評


評価:☆☆☆☆

 「僕は友達が少ない」のアンソロジー短編小説集。一線のラノベ作家が執筆しているのだが、前巻の方が面白かったかも。理科推しの作品が多く、星奈をディスる傾向がある。


「鳥と豚」(アサウラ)
 買い物に出かけた羽瀬川小鷹は、矢部、神田、蔵田の男子高校生三人組と出会う。自分はリア充ではないと力説する小鷹に対し、三人は殺意を抱くのだが…。
 作者のフィールドに無理矢理引っ張っていった感じがして、これはこれでありだが、別に小鷹である必要性はあまりないかも。尻が狙われたり、B級グルメを満喫したりする。


「俺たちにはまだちょっとレベルが高い」(あざのハジメ)
 三日月夜空にいじめられた柏崎星奈は、部室を逃げ出した後、どこに行くのか?そんな疑問を抱いた志熊理科は、星奈の鞄に発信器を仕込み、みんなで追いかけることにする。辿り着いたのはボーリング場だった。
 本編の日常をエミュレートした感じの作品だ。


「理科のせいで俺の様子がおかしい」(岩波零)
 志熊理科が開発した羽瀬川小鷹専用フェロモンを含む香水のせいで、小鷹は理科に欲情するどーぶつになってしまった。望んでいたシチュエーションのはずなのに、いざ迫られてみると恥ずかしく、理科は拒絶してしまう。
 だが、その事実を知った三日月夜空、柏崎星奈、楠雪村は香水を手に入れようと争いを繰り広げ…。


「部長選挙」(白鳥士郎)
 柏崎星奈が三日月夜空に叛旗を翻した。部長選挙で正式な部長を決めようという。自作のポスターを貼り、自信満々な星奈だったが、事態は残念な方向に進む。


「伝説の小鳩の伝説」(鏡貴也)
 羽瀬川小鳩の真名はレイシス・ヴィ・フェリシティ・皇。深淵に生きる闇の眷属だ。だがその事実を兄の小鷹は知らない。

「『鍵』」(平坂読)
 「生徒会の一存」とのコラボ企画。杉崎鍵に会いたいという小鷹は、理科の伝手を辿ってアプローチする。しかし…。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1949-e8707aee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=