ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » 詠う少女の創楽譜(雨野智晴) » 【詠う少女の創楽譜 (6)】恩人への義理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【詠う少女の創楽譜 (6)】恩人への義理

詠う少女の創楽譜 (6)(雨野智晴)

 姫咲明日香と神凪タケルの母である、死んだはずの姫咲ヒミコと東雲詩乃は、宝石歌姫特権を使い、歌姫や奏士の地位向上を目指す世界革命をぶち上げた。C9は分裂し、敵と味方に分かれて特権を争う対立が生み出される。




書評


評価:☆☆☆☆

 姫咲明日香と神凪タケルの母である、死んだはずの姫咲ヒミコと東雲詩乃は、宝石歌姫特権を使い、歌姫や奏士の地位向上を目指す世界革命をぶち上げた。C9は分裂し、敵と味方に分かれて特権を争う対立が生み出される。
 日本の秘密兵器としての扱いを受けることになった神凪タケルは、内閣総理大臣から山辺花穂とのパートナーを解消し、姫咲明日香と組むように依頼されるのだが、躊躇してしまう。

 明日香の後押しもあり、花穂との秘密特訓の機会を与えられ、一か月で急成長することを求められるのだが、その特訓は大層えろえろなものになるのだった。
 次巻はアメリカの宝石歌姫リアーナ・ライムス、イギリスの宝石歌姫クレア・ワイズの同時攻略に挑むことになる。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1956-3853d030

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=