ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ファンタジー » 【瑠璃色にボケた日常 (2)】エロボケの少女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【瑠璃色にボケた日常 (2)】エロボケの少女

瑠璃色にボケた日常 (2)(伊達康)

 交通事故で野球に挫折し不貞腐れていた紺野孝巳は、六黒という六体の荒御霊を束ねて使役する怨霊師の《凶姫》有働瑠璃や、禽踊と牙穿という霊獣を守護霊として持つ霊導師の《鵺御前》鴫原翠と出会い、お笑いと、《喝破》《言霊球》という霊能力に目覚めた。




書評


評価:☆☆☆☆

 交通事故で野球に挫折し不貞腐れていた紺野孝巳は、六黒という六体の荒御霊を束ねて使役する怨霊師の《凶姫》有働瑠璃や、禽踊と牙穿という霊獣を守護霊として持つ霊導師の《鵺御前》鴫原翠と出会い、お笑いと、《喝破》《言霊球》という霊能力に目覚めた。
 そんな彼の許に、関西から生邪魔を使う少女の三塚柘榴が訪ねてくる。彼女に連れられて向かった廃銀行で、彼は頭取さんという怪奇現象を起こしている呪殺師の三塚昴大と出会うのだった。

 前巻のヒロインはかなりそっちのけで、新たなヒロイン兼ぼけ3として活躍する三塚柘榴に振り回される主人公を描いている。軽いノリの登場人物たちとは裏腹に、怨念めいた設定の話になっている。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1958-e97eeee7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=