fc2ブログ
ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » 踊る星降るレネシクル(裕時悠示) » 【踊る星降るレネシクル (3)】やさしい嘘、目を開けて見る夢


【踊る星降るレネシクル (3)】やさしい嘘、目を開けて見る夢

踊る星降るレネシクル (3)(裕時悠示)

 夏休み終盤。沙良瑞貴を誘い海に遊びに来た連動レンヤだったが、舞波すまるや七曜なななまでついて来てしまい思惑は外れてしまう。そんながっかりの翌日。目を覚ましたレンヤの隣に寝ていたのは、幼児化し記憶も後退してしまった沙良瑞貴だった。どうやら不意打ちでランカースキルをくらってしまったらしい。



書評


評価:☆☆☆☆

 夏休み終盤。沙良瑞貴を誘い海に遊びに来た連動レンヤだったが、舞波すまるや七曜なななまでついて来てしまい思惑は外れてしまう。そんながっかりの翌日。目を覚ましたレンヤの隣に寝ていたのは、幼児化し記憶も後退してしまった沙良瑞貴だった。どうやら不意打ちでランカースキルをくらってしまったらしい。
 折しも、ミカホシ学園はサバイバルサマーが始まる前日。ミカホシ全市を舞台とするランカーたちのバトルロイヤルに沙良瑞貴(9才)が巻き込まれることを防ぐため、理事長に腐海流の禁を3日間だけ解いてもらった連動レンヤは、何故かくっついて来た舞波すまるや七曜なななと共に、彼女を護ることにする。ところが、そんな時に、かつて彼女を孤児院に捨てた母親だという女、千陽院家分家の甘河静香が現れる。

 彼女の戦いの歴史の原点、人生初の敗北である孤児になった原因を生み出した人物の登場。幼児化した彼女は母親になついてしまうのだが、どうやらそこには学園理事長・千陽院狼輝の陰謀が隠されているらしく…。

 今回は、これまで登場した変態たちの中でも群を抜いた変態、レネシクルの力を自分の欲望のためにガンガン使いまくったロリコンが妙な事態を引き起こす。そしてその罠も腐海流の炎がぶち破ったと思った瞬間、星柱に関する重大な事件が起きてしまう。4巻は波乱の展開になりそう。
 GAマガジン掲載の短編「あなたが触りたいのは可愛いほっぺですか?それともメロンなあべしですか?」も収録。

関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/196-3bd20264

src=