ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 現代×仕事 » 【ブランコ乗りのサン=テグジュペリ】苛烈な輝き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【ブランコ乗りのサン=テグジュペリ】苛烈な輝き

ブランコ乗りのサン=テグジュペリ(紅玉いづき)

 首都湾岸地区に建設されたカジノの華は、少女サーカスだ。創設メンバーである団長のシェイクスピアが率い、歌姫アンデルセン、猛獣使いカフカ、ブランコ乗りサン=テグジュペリなどを襲名するために、少女たちがしのぎを削る。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 首都湾岸地区に建設されたカジノの華は、少女サーカスだ。創設メンバーである団長のシェイクスピアが率い、歌姫アンデルセン、猛獣使いカフカ、ブランコ乗りサン=テグジュペリなどを襲名するために、少女たちがしのぎを削る。
 当代のサン=テグジュペリである片岡涙海は、自主練中に転落して怪我をしてしまい、身代わりとして舞台に立つことを双子の妹の片岡愛涙に願う。愛涙は姉の居場所を守るために大学を休学し、ブランコ乗りとして舞台に立つのだが、そこは彼女にとっては魔境だった。

 歌姫アンデルセンである花庭つぼみには嫌味を言われ、カフカである庄戸茉鈴には慰められるものの、同輩からは嫌がらせを受け、果ては金に絡んで拉致までされてしまう。だが、そこを自分の居場所と定め、少女たちは一瞬の輝きを日々、披露する。彼女たちは何を求めてそこにいるのか?

 無理やり恋愛を絡めたけれど、本当は不要な要素だったのではなかろうか?少女たちの生きざまだけで十分に物語は成立していたように思う。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1974-055a4164

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=