ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » 伝説の勇者の伝説(鏡貴也) » 【大伝説の勇者の伝説 (13) 昼寝と団子と王様と】だんごの始まりの街へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【大伝説の勇者の伝説 (13) 昼寝と団子と王様と】だんごの始まりの街へ

大伝説の勇者の伝説 (13) 昼寝と団子と王様と(鏡貴也)

 這い神レムルスの術式により、世界は一年間だけ、神々の支配から逃れることができた。その隙をついて、ルシル・エリスが魔眼保持者たちの王エーネを暗殺にやってくる。リューラ・リュートルーの力でルシルを拘束したライナ・リュートは、フェリス・エリスらと語らい、世界を変えるために頑張ることを決意する。




書評


評価:☆☆☆

 這い神レムルスの術式により、世界は一年間だけ、神々の支配から逃れることができた。その隙をついて、ルシル・エリスが魔眼保持者たちの王エーネを暗殺にやってくる。リューラ・リュートルーの力でルシルを拘束したライナ・リュートは、フェリス・エリスらと語らい、世界を変えるために頑張ることを決意する。
 一方、勇者アスルード・ローランドの呪いから解放されたシオン・アスタールは迷っていた。そんな彼の許に、ライナからの手紙が届く。そして、ガスターク帝国には、キファ・ノールズが使者として赴いていた。

 だんごの始まりの街への帰還が果たされる。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1977-15cb29b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=