ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(渡航) » 【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(7)】厭う変化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(7)】厭う変化

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(7)(渡航)

 文化祭も終わってしばらくが過ぎ、比企谷八幡に向けられる忌避の視線も少なくなってきた。もうすぐ修学旅行。戸塚彩加と班を組む比企谷八幡だったが、奉仕部に持ち込まれて依頼に悩まされることになる。









書評


評価:☆☆☆☆☆

 文化祭も終わってしばらくが過ぎ、比企谷八幡に向けられる忌避の視線も少なくなってきた。もうすぐ修学旅行。戸塚彩加と班を組む比企谷八幡だったが、奉仕部に持ち込まれて依頼に悩まされることになる。
 その依頼とは、葉山隼人の取り巻きの一人である戸部翔が海老名姫菜に告白するサポートをして欲しいというものだった。雪ノ下雪乃は一度は断ろうとするのだが、由比ヶ浜結衣がノリノリで、結局、依頼を引き受けることになってしまう。

 しかし、しばらくすると今度は海老名姫菜が比企谷八幡を訪ねて来て、とある依頼をしていくのだった。

 修学旅行先の京都を舞台に繰り広げられる、友達同士をくっつけようとする恋愛イベント。だがそれを面白がる人だけではなく、現状維持を望んで何もなかったことにしたいと考えている人もいる。流されるまま、なんとなく協力する比企谷八幡ではあったが、最後にはまたしてもピエロな役回りを演じることになるのだった。
 そのことに反発を見せ始める、雪ノ下雪乃や由比ヶ浜結衣は、二人の心情の変化を表している。

 ボーナストラックは、文化最後の打ち上げネタです。







関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1988-02e8554c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=