ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » 氷結鏡界のエデン(細音啓) » 【氷結鏡界のエデン (11) 最終双剣‐ユミエル・ノイズ‐】千年の檻が破れる時

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【氷結鏡界のエデン (11) 最終双剣‐ユミエル・ノイズ‐】千年の檻が破れる時

氷結鏡界のエデン (11) 最終双剣‐ユミエル・ノイズ‐(細音啓)

 穢歌の庭に再び落ちたシェルティス・マグナ・イールとユミィ・エル・スフレニクトールは、その底でそれぞれ、氷結鏡界の未来と、それを解決するために必要な犠牲を知らされる。




書評


評価:☆☆☆☆

 穢歌の庭に再び落ちたシェルティス・マグナ・イールとユミィ・エル・スフレニクトールは、その底でそれぞれ、氷結鏡界の未来と、それを解決するために必要な犠牲を知らされる。
 凪・一咲・ジールに送り出されたイリスとシェルティスは、紗砂・エンデンス・凛・ケールに指示されたモニカ・イスペラント、華宮、ヴァイエル・バッハベルらの助けで再び浮遊大陸オービエ・クレアへと帰還を果たした。

 しかし、彼らに休息の時はなかった。異篇卿イグニドが差し向けた敵が、天結宮を襲う。その頃、エリエたちは、ヨミ・レッセントの遺志を受け取るべく、秘された場所を訪ねていた。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1992-651a8d40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=