ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ サイエンス×フィクション » 【エンド・アステリズム (2) 変転する二重運命系からの逃避行】戻れる場所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【エンド・アステリズム (2) 変転する二重運命系からの逃避行】戻れる場所

エンド・アステリズム (2) 変転する二重運命系からの逃避行(下村智恵理)

 突如、日本に現れた高次元の存在<ディセンター>に対抗することができる唯一の存在<リジェンタイル>と身体感覚を同期させられる者として選ばれた潤相五雁は、感情を同期させた七星茉莉衣と同居生活をすることになった。感情と身体を同期させられ、人工的な恋愛感情を植え付けられた関係に違和感を感じながらも、それを本物にするため、幼なじみかも知れなかった梶桜子の告白を、潤相五雁は断った。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 突如、日本に現れた高次元の存在<ディセンター>に対抗することができる唯一の存在<リジェンタイル>と身体感覚を同期させられる者として選ばれた潤相五雁は、感情を同期させた七星茉莉衣と同居生活をすることになった。感情と身体を同期させられ、人工的な恋愛感情を植え付けられた関係に違和感を感じながらも、それを本物にするため、幼なじみかも知れなかった梶桜子の告白を、潤相五雁は断った。
 現実を直視するため、自身が壊滅させた渋谷へと向かった潤相五雁は、かつて彼がコンパスを刺した田島陽平の彼女だった佐々原蒼子と再会する。

 自分の新たな居場所となりつつあった池田と、帰れるかも知れない元の居場所である東京、その間で揺れ動く潤相五雁は、七星茉莉衣を不安にさせ、灯麻伊織と衝突することになってしまう。そうする内、灯麻伊織が埼玉へと出かけることになり、その妹の沙織を預かることになる。

 冒頭のやりとりは実話なの?という感じにリアリティがある。相変わらずこちゃこちゃと悩んで、結局は元の鞘に収まるという感じかな。ただ今回はひとりで悩んでいるだけという感じだったので、前巻のように色々と思想に介入するようなシーンがあっても良かった。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/1995-574b29db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=