ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 異世界×ファンタジー » 【ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 (3)】名探偵シャール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 (3)】名探偵シャール

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 (3)(野村美月)

 ウィストリア皇国が誇る天才グリンダ=ドイルの身代わりとして、エーレン国王シザエルと王妃の雪の子供たち、第一王子の竜樹=ハーン=ハイツ、第一王女の聖羅=シルヴィーン、第二王女の更紗=ロウィーネ、第三王女の織絵=リベルタ、第二王子の真=クリフト、第四王女の鈴七=フィリスの家庭教師となった、不出来な弟のシャーロック=ドイルは、女装した姿では騎士のギルマーや竜樹に好意を寄せられ、シャールとしては聖羅や腐メイドのアニスに愛されていた。




書評


評価:☆☆☆☆

 ウィストリア皇国が誇る天才グリンダ=ドイルの身代わりとして、エーレン国王シザエルと王妃の雪の子供たち、第一王子の竜樹=ハーン=ハイツ、第一王女の聖羅=シルヴィーン、第二王女の更紗=ロウィーネ、第三王女の織絵=リベルタ、第二王子の真=クリフト、第四王女の鈴七=フィリスの家庭教師となった、不出来な弟のシャーロック=ドイルは、女装した姿では騎士のギルマーや竜樹に好意を寄せられ、シャールとしては聖羅や腐メイドのアニスに愛されていた。

 ドキドキの日常を過ごすシャールに、またもや難題が降りかかってくる。アニスに、オーランド王国からの贈り物であるディック=フィルモーニ卿の像を盗んだ疑いがかかったのだ。普段から、筋肉モリモリの像で妄想にふけっていたアニスには、続々と不利な証言が集まり、オーランド寄りのガストン長官により投獄されることになってしまう。
 外交官のヘルムートはバカンスで不在の中、アニスを助けるために名探偵役を引き受けることになったシャールだが、全く解決の当てはなかった。アニスを無事に牢獄から助け出すことができるのか?


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2017-7973b137

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=