ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 現代×仕事 » 【天上の音楽】幻想の姉弟

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【天上の音楽】幻想の姉弟

天上の音楽(木崎咲季)

 元ピアニストの母親を亡くした秋月上総は、母親が亡くなってから三年過ぎて、父親の森川一馬に引き取られることになった。父親は有名な音楽評論家で、一流ピアニストを輩出している音楽教室を経営しており、姉の森川天音と暮らしていた。




書評


評価:☆☆☆☆

 元ピアニストの母親を亡くした秋月上総は、母親が亡くなってから三年過ぎて、父親の森川一馬に引き取られることになった。父親は有名な音楽評論家で、一流ピアニストを輩出している音楽教室を経営しており、姉の森川天音と暮らしていた。
 だが、引き取った父親は、社員の三上を通じてしかコミュニケーションを取って来ず、天音も上総を無視するばかり。居場所がない事は分かっていたものの、パーフェクト家政婦の滝さんが家事を済ませてしまうため、本当にやることがない。

 本当にこのまま、家庭内他人のような生活が続くと思っていたのだが、その壁は小さな部分から少しずつ崩れ始める。そして一度穴があいてしまえば、それはたちまち広がり、家族のつながりが取り戻されていくのだった。

 登場人物の多くはクラシック音楽に関わっているのだが、特にクラシック音楽にスポットライトが当たるわけではない。別にそれは何でもよくて、血のつながった家族が十三年ぶりに共に暮らすようになるという状況にスポットがあてられるのだ。
 でも、一緒に暮らして来た姉弟では、こんな関係にはまずならないだろうな。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2024-1214f354

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=