ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ゴールデンタイム(竹宮ゆゆこ) » 【ゴールデンタイム (6) この世のほかの思い出に】奪われた責任

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【ゴールデンタイム (6) この世のほかの思い出に】奪われた責任

ゴールデンタイム (6) この世のほかの思い出に(竹宮ゆゆこ)

 名残の夏休みを楽しむために海に遊びに行った帰り、多田万里や柳澤光央、岡千波や二次元くんを乗せた、加賀香子の運転する車は、危うく崖下に転落する事故を起こしてしまった。幸いにして、けが人は岡千波だけで、しかも自分で唇を切っただけの軽傷。だが、加賀香子はみなから連絡を絶ち、引きこもってしまう。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 名残の夏休みを楽しむために海に遊びに行った帰り、多田万里や柳澤光央、岡千波や二次元くんを乗せた、加賀香子の運転する車は、危うく崖下に転落する事故を起こしてしまった。幸いにして、けが人は岡千波だけで、しかも自分で唇を切っただけの軽傷。だが、加賀香子はみなから連絡を絶ち、引きこもってしまう。
 加賀香子の父親が全ての責任を香子に背負わせてしまったため、それぞれに責任を痛感する四人は、自らの想いの持って行き場をなくしてしまう。相談の結果、多田万里が加賀香子の自宅に向かうことになるのだが…。

 加賀香子と多田万里、そして林田奈々の関係が、より親密に深まっていく。それぞれ抱えていたものを遠慮なく吐き出し、大分すっきりした模様だ。もっとも、林田奈々はまだ何かを隠しているようではあるけれどね。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2045-fdbdf61f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=