ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ファンタジー » 【しきもんつかいはヒミツの柊さん (2)】もてすぎる理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【しきもんつかいはヒミツの柊さん (2)】もてすぎる理由

しきもんつかいはヒミツの柊さん (2)(桂木たづみ)

 高校一年生の山本元春は、柊もえぎの持つ「しきもん大百科」に触れ、しきもんという存在が見えるようになった。その結果、しきもん使いの花村覇奈や、しきもんを悪として狩って来た一族である闇狩魔の綾瀬雪白と知り合い、仲良くなることができた。




書評


評価:☆☆☆☆

 高校一年生の山本元春は、柊もえぎの持つ「しきもん大百科」に触れ、しきもんという存在が見えるようになった。その結果、しきもん使いの花村覇奈や、しきもんを悪として狩って来た一族である闇狩魔の綾瀬雪白と知り合い、仲良くなることができた。
 ところが、いずれも美少女であったため、山本元春に対する同級生男子からの嫉妬は鰻上りの状態だ。それに加え、桜野咲乃という美少女まで山本元春に告白をしてきて、それに拍車をかける状態となる。そんな異常な状態には、もちろん、裏があった。

 ああ、売れなかったら打ち切りになっちゃうのかな?でも、柊もえぎというキャラクターには、不思議な深みがあると思うんだけどな。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2057-8cb9a96f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=