ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 未来×ファンタジー » 【下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (3)】周囲の思惑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (3)】周囲の思惑

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (3)(赤城大空)

 時岡学園を席巻した《蒸れた布地》は、雪原の青が率いる《SOX》によって一掃された。しかし、その行動は悪としてレッテルが張られ、公序良俗健全育成法に抵抗する他の組織も、《SOX》を危険視するようになってしまった。それは、彼らを支援する鬼頭慶介の意向でもあった。




書評


評価:☆☆☆☆

 時岡学園を席巻した《蒸れた布地》は、雪原の青が率いる《SOX》によって一掃された。しかし、その行動は悪としてレッテルが張られ、公序良俗健全育成法に抵抗する他の組織も、《SOX》を危険視するようになってしまった。それは、彼らを支援する鬼頭慶介の意向でもあった。
 そんな状況を憂いつつ、夏休みに華城綾女の養母である華城撫子が女将を務める高級温泉旅館に滞在することになった奥間狸吉は、中学時代の同級生の濡衣ゆとりと再会する。一方、早乙女乙女は求められる絵と自身の欲求の間のギャップに耐えきれなくなってきていた。

 温泉街で繰り広げられる奥間狸吉に対する特訓と混浴。アンナ・錦ノ宮の欲求暴走から逃れてきたものの、誘惑には事欠かない状況となっている。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2061-6be90d04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=