ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 異世界×ファンタジー » 【覇剣の皇姫アルティーナ II】難攻不落の要塞攻略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【覇剣の皇姫アルティーナ II】難攻不落の要塞攻略

覇剣の皇姫アルティーナ II(むらさきゆきや)

 バイルシュミット辺境連隊を掌握し、名実共に司令官となったアルティーナの初陣は、黒き森を領土とする蛮族、バールトゲインハイムの王ディートハルトとの戦いとなった。戦いに勝利し、彼らの合理性に価値を見いだしたアルティーナは、彼らと和睦し、自身の力とすることにする。




書評


評価:☆☆☆☆☆

 バイルシュミット辺境連隊を掌握し、名実共に司令官となったアルティーナの初陣は、黒き森を領土とする蛮族、バールトゲインハイムの王ディートハルトとの戦いとなった。戦いに勝利し、彼らの合理性に価値を見いだしたアルティーナは、彼らと和睦し、自身の力とすることにする。
 ところが、辺境に朽ちさせようとした妹が意外な力をつけてきたことを憂慮した第二皇子アレン・ドウ・ラトレイユ・ドゥ・ベルガリアは、ゲルマニア連邦ヴァーデン大公国の難攻不落の要塞であるヴォルクス要塞を、増援なしで陥落させることを命じてくる。

 友人にして剣豪のバルタザール・バジル・ドゥ・バルザック公爵からの連絡で、帝都における状況を事前に知っていたアルティーナは、軍師レジス・オーリックの献策により、第五次ヴォルクス要塞攻略戦の発動を命じる。
 一方、レジスの下には、テネゼ侯爵軍で彼に恩義を感じた若き騎士エリック・ミカエル・ドゥ・ブランシャールが、彼を慕ってやって来ていた。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2097-510c820e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=