ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ラブコメ » 【おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (7)】オタク趣味が嫌いな理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (7)】オタク趣味が嫌いな理由

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (7)(村上凛)

 女装して白雪姫を演じることになった柏田直樹だったが、相手役の男子が怪我をして出演できなくなったため、代役として思い人の長谷川翠が王子を演じることになった。恋愛協力協定を結ぶ恋ヶ崎桃も、思い人である鈴木とバンドを組むことになり、順調に仲を深めている。




書評


評価:☆☆☆

 女装して白雪姫を演じることになった柏田直樹だったが、相手役の男子が怪我をして出演できなくなったため、代役として思い人の長谷川翠が王子を演じることになった。恋愛協力協定を結ぶ恋ヶ崎桃も、思い人である鈴木とバンドを組むことになり、順調に仲を深めている。
 上手くいっているはずなのに、何か釈然としない。それが何なのか、恋ヶ崎桃と話す時間もなく、はっきりしない柏田直樹だったが、文化祭を桜井小豆やムラサキこと狭川紫と共に回り、楽しい一日を過ごすことになる。だが、長谷川翠がオタク趣味嫌いになった切っ掛けが明らかになることで、彼らの関係に転機が訪れるのだった。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2184-c8a5ae1f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=