ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 異世界×ファンタジー » 【天翔虎の軍師 (2)】戦乱の始まり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【天翔虎の軍師 (2)】戦乱の始まり

天翔虎の軍師 (2)(上総朋大)

 処刑寸前の王女ミオ・フレリカを救出し、トーレ帝国に反旗を翻した天翔虎の軍師シェル・スノーハートと尚書エナ・ワトソン、英雄フレイ・フォルクらは、フレリカ王国復興を開始した。




書評


評価:☆☆☆

 処刑寸前の王女ミオ・フレリカを救出し、トーレ帝国に反旗を翻した天翔虎の軍師シェル・スノーハートと尚書エナ・ワトソン、英雄フレイ・フォルクらは、フレリカ王国復興を開始した。
 外務官ファルリア・ベリーベルの活躍で、ひとまず外国との不可侵を手に入れたフレリカ王国は、手に入れた拠点で資金を調達し、暫定的な防衛態勢を整えようとする。

 その拠点を手に入れるため派遣された蜂蜘蛛隊隊長マギー・バイパーだったが、天竜姫の軍師ユミカ・ローレンツの命を受けた征西将軍レンギルにより手痛い敗北を喫し、部隊は壊滅状態に陥ってしまう。

 ユミカとシェルの実力に差があり過ぎて、なぜ未だにフレリカ王国は壊滅させられないのか不思議。あと、パン本位の貨幣制度は、経済安定性がかなり低そう。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2195-f45ef6ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=