ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ラブコメ » 【俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (5)】下半身は動くけど心は動かない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (5)】下半身は動くけど心は動かない

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (5)(春日部タケル)

 遊王子謳歌、雪平ふらの、ショコラが、甘草奏への恋心を自覚した。しかし、甘草奏本人は全く、かけらも気づいていない。一緒に暮らしているショコラからは熱烈な告白を受けるのだが、心がちっとも動かない。




書評


評価:☆☆☆☆

 遊王子謳歌、雪平ふらの、ショコラが、甘草奏への恋心を自覚した。しかし、甘草奏本人は全く、かけらも気づいていない。一緒に暮らしているショコラからは熱烈な告白を受けるのだが、心がちっとも動かない。
 そんな彼に、脳内選択肢に対する拒否権が10個与えられる。これを一つでも残したまま二週間過ごすことがミッションクリアの条件なのだが、出される脳内選択肢のハードルはいつもより上がっている。このミッションの意味を生徒会長の黒白院清羅に尋ねても、何も答えてはくれない。

 一方、少女三人は、暴走したり紆余曲折を経たりしながら、自分らしいアプローチで甘草奏へ迫ろうと決意しつつあった。しかし、頭をぶつけて一時的に本来の機能が表出したショコラは、そんな二人を罵倒し、夏祭りでの直接対決を申し渡す。その結末やいかに?


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2206-1ee1204e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=