ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ニーナとうさぎと魔法の戦車(兎月竜之介) » 【ニーナとうさぎと魔法の戦車 (8)】最後の戦い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【ニーナとうさぎと魔法の戦車 (8)】最後の戦い

ニーナとうさぎと魔法の戦車 (8)(兎月竜之介)

 旧アーケシア帝国の女王ソフィアを崇拝するハイディマリー・ハイドラに唆され、女王の忘れ形見であるシルヴィアは私立戦車隊ラビッツ戦車長であるドロシー・クローゼルを銃で撃った。ドロシーたちを助けに来たニーナとアリス・マドガルドは、ドロシーに同行していたキキラヤ・ヴィライネンと、ハイディマリーに捕らえられていたエルザ・アドラバルトやクリスティーナ・オーランドと共に、失意のうちにアンフレックの街へと戻ることになる。街で待つアメミヤ・サクラに伝える言葉を持たないままに。





書評


評価:☆☆☆☆

 旧アーケシア帝国の女王ソフィアを崇拝するハイディマリー・ハイドラに唆され、女王の忘れ形見であるシルヴィアは私立戦車隊ラビッツ戦車長であるドロシー・クローゼルを銃で撃った。ドロシーたちを助けに来たニーナとアリス・マドガルドは、ドロシーに同行していたキキラヤ・ヴィライネンと、ハイディマリーに捕らえられていたエルザ・アドラバルトやクリスティーナ・オーランドと共に、失意のうちにアンフレックの街へと戻ることになる。街で待つアメミヤ・サクラに伝える言葉を持たないままに。

 ラビッツのメンバーが失意に沈む間にも、ハイディマリーによる進軍計画は順調に進んでいた。アドリオ・マドガルドと手を組んだハイディマリーは、新しいクローンを生み出し、アーケシアの帝城に隠されていた魔法を駆使して、司令官ジャンヌ率いる平和維持軍を圧倒していく。
 ついにその魔の手がアンフレックの街に迫った時、ニーナはある決意をするのだった。そしてその決意を後押しするように、立て続けに人が訪ねてくる。

 シリーズ最終巻。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2210-e373ee22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=