ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 未来×ファンタジー » 【終焉世界の天災姫(レベリオン)】空っぽ頭に見える巨乳巫女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【終焉世界の天災姫(レベリオン)】空っぽ頭に見える巨乳巫女

終焉世界の天災姫(レベリオン)(三ノ神龍司)

 天候を管理するシステム天巡(アグリ)が暴走し、世界は異常気象に見舞われた。伊弉諾が天巡(アグリ)を破壊したものの、何故か天候は元には戻らず、人類は神坐都市シオス・ポリスで慎ましく生き延びていた。




書評


評価:☆☆☆☆

 天候を管理するシステム天巡(アグリ)が暴走し、世界は異常気象に見舞われた。伊弉諾が天巡(アグリ)を破壊したものの、何故か天候は元には戻らず、人類は神坐都市シオス・ポリスで慎ましく生き延びていた。
 天巡(アグリ)破壊以後、星雲石(ネビュラ)を宿した生物が変じた禍獣(ファンタズマ)に襲われるようになった人類は、鍛人(アルティスト)に星雲石(ネビュラ)を取り入れた武具、武纏(フォロ)と護浄(アルニシ)を作らせ、それぞれを用いる天衣師(ヴァスカニア)と封印師(イリニ)により、禍獣(ファンタズマ)に対抗していた。そんな彼らを総称し、陰陽徒(メヲト)と呼ぶ。

 陰陽徒(メヲト)を養成する蒼帝学園(アルモニア)に通う天衣師(ヴァスカニア)の九鬼不動は、封印師(イリニ)の新嘗満月と組み、禍獣(ファンタズマ)と戦っていた。そこを、触れるだけで禍獣(ファンタズマ)を消す「大祓の巫女(エピシミア)」空巡ヒナに助けられる。
 翌日、学園にやって来た、陰陽徒(メヲト)のトップエリートである十二支の若王子宇美は、何故か虎の着ぐるみを着ており、ふざけた感じながら、九鬼不動に、転向してきた空巡ヒナの護衛を依頼する。学園に潜む禍獣(ファンタズマ)の土蜘蛛を討つためだ。

 報酬を要求して極秘任務を引き受けた九鬼不動は、鍛人(アルティスト)で幼馴染の千子瑠璃や妹の九鬼明花に心配をかけながらも、暢気で陽気な空巡ヒナに振り回され、デートに誘い出されたりする。ところがそこを、テロリスト九頭龍の巧真巽に襲撃されてしまう。

 第18回スニーカー大賞特別賞受賞作「正しい世界の壊し方」を改稿改題した作品だ。キャラ付けを意識しすぎて、ヒナはやり過ぎの気がするし、不動は中途半端になっている気がする。一貫性という意味では、満月は良い。
 ストーリー展開的には、王道ではあるけれど、期待が持てそう。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2268-687fe2b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=