ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ サイエンス×フィクション » 【デスニードラウンド ラウンド (2)】ラリった警視庁のマスコット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【デスニードラウンド ラウンド (2)】ラリった警視庁のマスコット

デスニードラウンド ラウンド (2)(アサウラ)

 両親の借金の形で売られるところを、民間警備会社の傭兵稼業で何とか生きることを許された女子高生の葛ゆりは、実践にも慣れ、松倉の作る食事に舌鼓を打ちつつ、学校では先輩の宇佐美玲奈とつるむ、それなりに充実した生活を送っていた。




書評


評価:☆☆☆☆

 両親の借金の形で売られるところを、民間警備会社の傭兵稼業で何とか生きることを許された女子高生の葛ゆりは、実践にも慣れ、松倉の作る食事に舌鼓を打ちつつ、学校では先輩の宇佐美玲奈とつるむ、それなりに充実した生活を送っていた。
 松倉らの古い戦友の娘で、狙撃手の林美鳳と知り合いになり、初めて同年代で同じ業界に生きる少女と出会い仲良くなったある日、宇佐美玲奈から緊急の電話を受ける。警視庁のマスコットキャラであるP君に拉致され、拷問の上、殺されそうだというのだ。

 松倉に助けを求めるものの、金がなければ動けないと一刀両断にされ、地力で逃げ出して松倉の知り合いに確保された宇佐美玲奈を助けるため、葛ゆりは武装して一人で飛び出す。しかし、警視庁のマスコットキャラのP君は、中に入った人間を取り込みながら戦う生物兵器だったのだ。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2314-2e1302dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=