ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » スポンサー広告 » ■ 学園×ファンタジー » 【男子高校生のハレルヤ! (4)】男を女にする秘薬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


【男子高校生のハレルヤ! (4)】男を女にする秘薬

男子高校生のハレルヤ! (4)(一之瀬六樹)

 コロンに関する技術取得でユリウス女学院の共学化に弾みがつくと思ったものの、理事長は再び方針を転換、女子校を維持すると山田真理や武里祐紀、桜吾郎に宣言する。




書評


評価:☆☆☆☆

 コロンに関する技術取得でユリウス女学院の共学化に弾みがつくと思ったものの、理事長は再び方針を転換、女子校を維持すると山田真理や武里祐紀、桜吾郎に宣言する。
 反対する武里祐紀や桜吾郎だったが、山田真理は自宅に泊まりに来た雨宮ソラが彼の男になろうとする努力を見ずに女体化研究を進めていたことを知り、共学化放棄の方針を受け入れてしまう。

 理事長に賛同して謀略を進めていた柊米子や、変態男子に扮してユリウス女学院の女子生徒たちに男子の変態性を植え付ける役割を担っていた有栖川マロンとだけでなく、音無蕾花や鬼瓦萌子とも決裂した山田真理は、ただ一人、文化祭の日を迎える。
 だが、未だ諦めていない桜吾郎たちは、文化祭の日、山田真理を女体化させるためにやって来た雨宮ソラに対し、超・文化的バトルマッチを申し込み、一発逆転を狙うのだった。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2361-37b49f46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
src=