ライトノベルを楽しんで読もう! ホーム » ■ 未来×ファンタジー » 【ヴァリアブル・アクセル (2)】ゲテモノ飲料が取り持つ縁

【ヴァリアブル・アクセル (2)】ゲテモノ飲料が取り持つ縁

ヴァリアブル・アクセル (2)(七条剛)

 紫堂小夜やその飼い犬の黒丸と共に、特殊剣警訓練校「紫練学園」に剣警士訓練生として入学した白峰和久は、本来の目的を果たすための行動の過程で、第九班班長の皆瀬川咲良と知り合い、彼女の班に所属することにした。




書評


評価:☆☆☆

 紫堂小夜やその飼い犬の黒丸と共に、特殊剣警訓練校「紫練学園」に剣警士訓練生として入学した白峰和久は、本来の目的を果たすための行動の過程で、第九班班長の皆瀬川咲良と知り合い、彼女の班に所属することにした。
 第三班班長の朝霧雫からの誘いを断りながら、学生としての生活を送る白峰和久は、素行が悪い第四班のメンバーとトラブルになってしまい、その際に萩原柚結花と知り合いになる。

 運動の加速能力を持つ萩原柚結花から、第四班から持ちかけられた団体戦のコツを教わっていた白峰和久は、第四班が彼の父親の研究の産物を所持していることとを知るのだった。この糸は彼の目的につながるのか?


関連記事






にほんブログ村 本ブログ ヤングアダルトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lightnoveltanoshimu.blog77.fc2.com/tb.php/2398-0355641e

src=